6/28熊本震災支援報告会[ディナーミーティング] 2016.06.29

6/28(火)岡大サポートセンターにて「熊本震災支援報告会」を行い、学生4名(医1名・薬1名・放2名)参加しました。

報告は、熊本の民医連病院「くわみず病院」と「菊陽病院」に支援行った看護師・精神保健福祉士(PSW)・事務2名から報告いただきました。

 震災直後に支援に入った事務、被災者の精神的なケアを行ったPSW等様々な職種の立場から支援を行った感想が聞かれました。特に支援に入った職員の心のケアも重要という話に関心が寄せられました。

 

20160629_3778.jpg

 

20160629_1820.jpg

 

 

 参加者からは、「被災地のニーズにあった長いスパンの支援が国民全体に根付くといいなと思った」「現地の職員の方の負担も考え支援に入る側も気をつけて休ませる工夫が必要と思う」などの意見が出ました。

震災から2ヶ月が経過し、現地の報道があまりされなくなっていますがまだまだ復興に向け支援が必要な面もあり継続的な取り組みが必要だと改めて感じました。

 

20160629_501.jpg

 

 

 

 

 

6/15・6/22ランチミーティング[ランチミーティング] 2016.06.23

 6/15(水)のランチミーティングに初参加の方も含め、医学生4名が参加しました。また6/25~26に東京で開催される全国医学生のつどいに2名参加表明がありました!メイン企画である弁護士の伊藤真先生の日本国憲法についての講演に興味があるそうで今から楽しみです!!


 6/22(水)はここ最近では最多の12名の学生が参加しました。メニューはピーマンの肉詰め、たまごとレタスのスープなどなど。初めての方がほとんどだったので、自己紹介や民医連の紹介などを行い短時間ですが交流しました!

 

054837A6-85B6-4066-BF23-25A7282D31FF.jpg

 

5D6F553C-6E32-4270-83DE-75FF0F616ECD.jpg

 

 6/28(火)18:30~は4月に発生した熊本地震の震災支援に行った職員による「熊本震災支援報告」を行いますので、こちらもぜひご参加ください!

 

 

 

 

 

6/8 サポートセンターランチミーティング[ランチミーティング] 2016.06.09

/8のランチは学生3名の参加でした。岡山医療生協の組合員さんが「鮭の南蛮漬け」と「ポテトサラダ」を作っていただきおいしくいただきました!
 来週15日(水)もランチをしますので、ぜひお時間のある方はお気軽にご参加ください!

 

13340213_1054437251314536_3731694588381628934_o.jpg

 

 

 

 

5/31(火)岡大医系学生サポートセンターでは、「福島被災地視察FW報告会」を行い学生9名が参加しました。この福島視察FWは、4月末に岡山から放射線学科の学生5名と水島協同病院放射線技師が参加しました。

 

S__2064391.jpg
 
 まず報告会では、参加学生から写真や動画を使った報告を受け、その後技師さんからも生々しい現状を補足して報告いただきました。南相馬市・浪江町・飯舘村などをバスで巡り、いまだ放射線量が高い地域はバスを降りることが出来ず、車中から撮影した動画にはゴーストタウン化した街の現状に一同言葉を失いました。震災から5年経過していますが、原発に近い立ち入り禁止区域ではいまだ地震や津波の被害がそのまま残されていました。

  また、被災者の住居の問題や賠償問題などの問題も山積みの現状があります。さらに風評被害も根強く、職を失い自殺者も年々増加しているとの報告を受けました。報道が少なくなっているとはいえ、復興とは程遠い現実を目の当たりにし、参加者で感想交流を行いました。


 

S__2064389.jpg

 

 次回は6/28(火)1830~「熊本震災支援報告」を行います。この間支援に行った職員より報告をして頂きますので、興味のある方は岡山県民医連までご連絡ください。

 

 

 

 

 

530日 高学年向け臨床セミナー『心臓を診る・聴く』をシティホテル厚生町にて開催。岡山大学、川崎医科大学から7名の医学生が参加しました!講師は岡山協立病院の高橋淳医師でした。

 

DSC_6113.JPG

心音は聴診器や触診で分かるほか、機器で測定した目で見られるデータを例に異常な心音を紹介。「もしかしたらこんな異常な音が出ているかも?と気を付けていないと、聞いてもわからない」ような、さまざまな心音の微妙な聞き分けを説明しました。

実際の診察時に「これはおかしい」と気づけるように、音の聞こえ方、触っている時の手の感触、また明らかな異常はコメディカルが聴いてもわかるよう指導して共有していくなど、現場で役立つ知識が得られたのではないでしょうか!加学生からは「学外の勉強会に参加するのはモチベーションアップにつながる」「また知り合いを連れてきたい」といった感想がありました。

 

DSC_6145.JPG

7月は臨床セミナー連続企画『BADニュースの伝え方』を開催予定です。詳しい日程、時間は当FBページ・学内チラシにてお知らせします。たくさんのご参加お待ちしています。

 

 

 

 

5/25のランチは『減塩の大切さ 健康を守る取り組み』と題して、岡山協立病院から管理栄養士の方に来ていただき減塩の大切さについてのお話をしていただきました。

 

13315532_1046887672069494_1261366073945396902_n.jpg

 

一日塩分を何グラム摂っているかで、将来明らかな血圧の差が出てくるというデータからは、若い時の塩分調整も大事ということがわかりました。またその場で塩分摂取度もチェックして、個人で気を付ける項目を確認。学生からも積極的な質問が飛んでいました!

 

13260062_1046887678736160_5285365772931752750_n.jpg

 

 

 

 

5/18(水)のランチミーティングでは、災害訓練の取り組みを水島協同病院の看護師さんから紹介いただきました。

 岡山県は災害の少ない土地ではありますが、もしもの時、病院は多くの患者さんを受け入れなければいけません。患者が押し寄せてくるパニックの状態を想定して、症状や重症度別のトリアージや実際の診療現場でどう行動したらよいかを、院内の職員、有志の学生、また医療生協組合員さんも混じって完全再現した様子を、水島協同病院の看護師さんから伝えていただきました!

 

写真.JPG

 

 東日本大震災で被災した宮城県の坂総合病院で行われている訓練から着想を得た今回の取り組みでは、現地での視察を行ったり、関係者を招いての勉強会も開催。院内で災害対策の重要性を知らせる取り組みも行ったそうです。当日はあたかも外傷があるようにメイクして、見た目もリアルに。患者さんやご家族が災害時にどのような訴えをし、どのように対処したらいいか、実際の災害時に近い状況を再現しました。

 

 今後南海トラフ地震が起こると言われている中、災害時の備えはますます重要性を増してきています。訓練は今年の1028日にも開催。患者役、家族役ボランティアを募集しています!興味のある方はご連絡ください。

 

 

 

 

 

514日(土)~15日(日)鳥取県米子市にて「チーム医療・多職種連携~山陰の地域医療に触れてみよう~」をテーマに中四国医系学生のつどい2016が開催されました。中四国から医系学生32名が参加、岡山から学生7名、職員8名が参加しました。

 

_SC_5605.JPG

 

 1日目は、6つの分科会に分かれ、「家庭医の姿を見に行こう」「認知症ケアと多職種連携」「デスカンファレンス実践」など6つの分科会に分かれ、普段訪れることが少ない診療所の見学や訪問診療に同行したり、サービス付き高齢者住宅の見学や多職種カンファレンス等、地域医療の現状を実際に学ぶことができました。

 

20160517_1169.jpg

 

2日目は、「山陰土着家庭医の眺め」というテーマで弓ヶ浜診療所所長梶野大医師から講演いただき、家庭医の視点から過疎地域の医療の現状を伝えていただきました。続いて、米子医療生協のケアマネージャー、組合員理事など5名の方によるシンポジウムでは、地域医療を支える様々な専門家が患者を中心に横の連携することにより、よりよい医療・介護を提供できることが分かりました。

参加学生からは、「医療の現場に対するより広い視野が広まった」「医師だけでなく他の職種も患者に対して責任を持つことが重要」「様々な大学、職種の人がいて同じ志を持った人がいることが励みになった」「将来の目標を見つけられた」など目指すべき医療者像が明確になった感想が多く寄せられました。

 

_SC_5759.JPG

 

また、5月17日には、サポートセンターにて、岡山の参加者で振り返り会を行い、それぞれの分科会で学んだことを共有しました。その他、学生から病院実習見学の報告と、石川民医連・城北病院が登場する『笑って死ねる病院』の鑑賞会もおこないました。

経済的なことも含め、様々な角度から医療の視点を学べた良い機会になりました!

 

 

 

 

 

5/11 サポートセンターランチ[ランチミーティング] 2016.05.13

※今月からランチは水曜日に変更になりました

5/11ランチは、久しぶりに来室した学生も含め6名の参加でした。GWの楽しかったこと、新しくはじめたバイト、カリキュラム等の違い等に話が盛り上がりました。この日はビビンバ、わかめスープ、サラダ、ミルクプリン。職場の方からいただいた蕨は、厚揚げと一緒に煮物にして、美味しくいただきました。

 

またランチ後には、今週末に米子で開催さる中四国医系学生のつどい参加者で「つどい事前レクチャー」の最終打ち合わせを行いました。使用するパワポも仕上がり、本番に向けて準備万端です!

 

 

13178824_1037510226340572_6856163291842185090_n[2].jpg

 

 

 

 

4/27()ディナーミーティングは、春休みの活動を持ち寄る報告会でした。医学生のつどい(春つどい)、離島フィールドワーク、514日(土)~15日(日)に開かれる中四国地方医系学生のつどいについての紹介など、盛りだくさんの内容でした!

 

IMG_1742.JPGこの日は就実大学薬学部の学生さんが8名も参加し、いつもより賑やかに、充実した学習と交流ができました☆彡

 

感想交流では、「中四のつどいについて、もっと詳しく知りたい」、「報告やプレゼンが上手で驚いた。自主的に取り組んでいる姿勢に刺激を受けた」、「島の医療について興味があったので、離島フィールドワークの報告を聞いて一層興味が湧いた」等の感想がありました。最後は、4月生まれの参加者のお誕生日会で締めくくりました。

 

ケーキ.png

 

おかやま医系学生サポートセンターでは、参加者のみなさんから寄せられた、学びたい、興味のあることを参考に、今後も様々な学習会や報告会を開催します。少しでも興味のあることがあれば、お気軽に誘い合わせてお越しください(^O^) お待ちしています!