奨学金制度

奨学金制度について

岡山県民医連は、いつでも、どこでも、だれもが安心してよい医療を受けられる医療機関を目指しています。私たちの医療活動に共感し、ともに働く意思がある方を対象に奨学金を貸与しています。学費や生活費の負担が減りアルバイトに追われることなく、勉学やサークル活動に打ち込むことが出来ます。

返済免除の適用例(6年間奨学金貸与を受けた場合の適用例)

【返済免除になる場合】 奨学金受給期間と同じ期間を岡山県民医連の事業所で勤務した場合、返済が免除されます。 (特別コースは受給期間の1.5倍の期間となります)

修学援助貸付金制度(医学生対象)

奨学金受給者を対象に、奨学金とは別に上限200万円まで修学に必要な資金を貸し付ける制度 (返済免除の対象ではありません)

奨学生からのメッセージ

鳥取大学医学部医学科 O. T私が民医連と出会ったのは高校2年生の頃です。 一日医療体験や受験相談会などに何度か参加するうちに民医連の医療について知り、共感し、民医連の医師や職員さんなどと交流を深めるようになりました。鳥取大学に合格し、いざ大学生活を充実したものにしようと思うと、何かしらの奨学金が必要だと気付きました。民医連の病院は、家族がかかりつけで通っている病院でもあり身近で、また岡山が好きで、将来地元に戻って働きたいと考えていたので岡山県民医連の奨学生になることが私にとってベストだと思い決めました。
川崎医科大学 T. S私は岡山県民医連の奨学金を受けています。奨学生の活動としては、毎月一回奨学生が集まり学習や活動報告をする奨学生会議や民医連が主催する企画への参加。民医連病院での実習などがあります。民医連の奨学生になって良かったことは、大学生活では体験出来ないことを、体験出来るということです。病院実習では自分の要望に合わせてスケジュールを組んでもらえるので、大学よりも深い実習が出来ます。民医連開催の企画は臨床現場で行われるものだけでなく、社会に目を向けた学習も多くあります。民医連の活動のおかげで同級生よりも多くの体験と学びが出来ていると思います。

奨学生になったら

医学・医療の勉学に励むことはもちろん、医療現場や医療をとりまく社会の状況にも目をむけて、豊かな人間性と幅広い視野をもった医師として成長できるよう、様々な学習交流活動に参加します。
全国の医学生と出会い、学びあえるチャンス! 年に3回「医学生のつどい」を開催し、全国から集まる医学生と医療や社会について学び、仲間と交流します。
奨学生になったら参考画像 奨学生になったら参考画像
医療現場の医師をはじめコメディカルとも交流し、将来の医師像を磨く! 民医連の病院・診療所で実習に参加し、医療現場のスタッフや患者さんとの交流を通して地域医療を体験します。
奨学生になったら参考画像 奨学生になったら参考画像
学生生活への手厚いサポート! 大学近くにある医系学生サポートセンターでは、ランチ会や学習会等を開催し、卒業まであなたの学生生活を援助します。
奨学生になったら参考画像 奨学生になったら参考画像

奨学金 Q&A

Q.他の奨学金との併用はできる?
A.日本学生支援機構の奨学金と併用できます。他にも条件によって併用できる奨学金もありますので一度お問合せください。
Q.在学中や県外大学でも申請できる?
A.新入生だけでなく、在学中の学生でも申請できます。大学は県内外を問いません。
Q.収入の審査はありますか?
A.奨学金借用書や保証人届出などはありますが、収入に関する特別な審査や書類の提出はありません。
Q.休学、留年した場合はどうなりますか?
A.休学、留年した期間は奨学金が停止となります。進級できれば再開されます。
Q.返済方法は?返済期間が終わる前に退職することになったら?
A.卒後、他の医療機関に勤務する場合は、一括返済していただきます。 貸与した期間より就業年数が短い場合は、退職時に残りの貸与期間分の支給額を一括返済していただきます(無利子)。
Q.将来が決まってしまうのが不安なのですが?
A.奨学生になると、民医連内外の学習会や企画に参加するため視野が広がり、かえって選択肢が広がります。 生活や進路の相談などサポートも充実しています。
Q.奨学金を申請したいと思ったら?
A.お電話もしくはメールにてお問合せ下さい。申請のために必要な書類や面接などについてご案内します。
Q.高校2年生です。将来医学科受験を目指しているのですが、奨学金の予約はできますか?
A.はい、できます。下にある奨学金予約申請書をダウンロードしていただき、岡山県民医連まで提出をお願いします。提出後一度面談をさせていただきます。医学科に合格したら申請の手続きを行います。
医学生のみなさんへ

受付時間(平日) 9:00~17:30