医師へのステップ

 大学の医学部は6年制です。各学校によってカリキュラムは少し違いますが、大まかには1~2年前期で「一般教養」、2年後期~3年前期で「基礎医学」、3年後期~4年で「臨床医学」、5~6年生で「臨床実習」となります。

 一般教養では幅広い知識を身につけ、基礎医学では解剖学や生理学など、人体の仕組み・構造について学びます。臨床医学では内科・外科など、臨床の各分野について学び、臨床実習では実際に病院に出て、「治療チームの一員」として診察に加わります。

 その後、医師国家試験に合格すると「医師免許」をもらえますが、ここからさらに2年間は「研修医」いわば「見習い医師」として様々な診療科を回ります。

 しかし、医師が対象とするのは「病気」だけでなく、それをかかえている「人間」です。医学的なことだけでなく、患者さんをとりまく社会的な状況など、幅広いことに目を向けて、自分たちで学んでいく姿勢も必要です。